エマさんのおしゃべり絵日記

アラフィフです。人生折り返し始めたと思う今日この頃。 結婚、離婚、再婚活、再婚、介護、乳がん、ダイエット、グルメ、ペット、仕事などなど、 平凡なワタシに起こった出来事を日記&回顧話を書いてみました

2021年08月


↑【不思議体験】餓鬼に会った話①からつづく

仕事の打ち合わせのあと
カメラマンのヒデさんと
ライターの山ちゃんと
ランチを食べながら、さっき来る時に見た
緑色の話しをした

B210828C03
 
ヒデさんは大爆笑して
「緑色ってっ…見間違いだろー真昼間に
妖怪見るか?エマ寝ぼけてたんじゃねぇ?」
と散々バカにされた

なんだよーと思いつつヒデさんと別れ
山ちゃんと歩いて帰っていると
黙ってた山ちゃんが
「それ餓鬼じゃない?」と言った

B210828C004


それを聞いて私…急に怖くなった

あわてて山ちゃんに
「漢字で書くと飢餓の餓に
鬼って書くんだよね?」と聞いたら
「そう、よく知ってるね」と言われた…

山ちゃんは雑誌の企画で
心霊スポットや神社を取材をした時に
緑色の餓鬼の話しを
聞いたことがあったらしい…

「その緑色が私にね、見えるなら
気をつけろよって言ったの」
山ちゃん「……」

B210828B04

「夜帰ったら、知り合いの霊媒師さん
に電話して聞いてみるよ
なんかわかんないけど、エマさん
気をつけろよ」と言われて別れた

翌日の朝11時ごろ
締め切り前で残業になるから
バイクで会社に向かった

真っ直ぐな見通しのいい道を
走っていたら
突然右折してきたトラックに
衝突され私は空を飛んだ
 
B210828A05


バイクは廃車
私は骨盤と恥骨をバキバキに折って
右手首は半回転して折れていた
入院3ヶ月、全治6ヶ月の重症だった


エマ・25歳の春
仕事の打ち合わせで朝11時ごろ
曙橋の路地を歩いていた

すると…電柱の影にうずくまっている
緑色の物体

B210828B02


なぜか全然怖くなかった
心の中で
「具合悪いのかな?大丈夫かな?」
と思いながら通り過ぎて
数歩…歩き

うずくまってる緑色の皮膚が
押すと水が出そうなスポンジっぽい
質感だったのが気になり

見たことない感じの皮膚だなぁ…

B210828B01

その時、突然「餓鬼(がき)」と
言う言葉が頭に浮かんだ
餓鬼なんて言葉も漢字も
私…知らなかったのに

B210828B03

心でそうつぶやいて振り向いた

B210828B04

目だけギラギラしている
緑色の餓鬼が
「気をつけろ」って言った

B210828C01

急いでたから
「うんわかった」と心でつぶやいて
打ち合わせに向かった


↑【ゆる介護のすすめ⑥】からつづく

一軒家にふたり暮らしの義両親
年齢的に生活のサポートが
必要な気がしていた

B210828A01


そんな中、十数年前にれいじ家に
嫁いだ義妹に女性目線で見る
れいじ家の話しが聞きたくて
ランチに誘ってみた

快くランチに付き合ってくれた
みさこさんは
お義母さんの脚の事故のことなど
れいじ家のことを色々話してくれた

B210828A002


そして、みさこさんとお義母さんとの
確執も話してくれた

嫁と姑…女同士…どこの家庭でも 
何もないわけがないと思っている
私もバツイチだしね
わかるよわかると話しを聞いた

私より気が利くタイプのみさこさんが
今までふたりのお世話を
全くしなかったのではなく
いろいろやって
思うことがあったんだろうな
と聞いていたら…最後に
みさこさんは私にはっきり宣言した

れいじ家の両親のことは
「ほっておけばいいと思ってる」
「その時がくれば息子が介護すべきこと」
「私は更年期障害で体調が悪いから
介護はできないから」

B210828A03


介護って、人のお世話をするのって
いやいやで出来るものではない

宣言を先にされちゃったら
嫁同士協力しあってと思っていたけど
私がやるしかないみたいな?

そして、みさこさんは
「でもお義姉さん(私をそう呼ぶ)
大変な時はお義姉さんの
手伝いだったらやりますよ」と言った

実はこの義妹のスタンスが
のちに私を悩ませることになる

ちなみに、れいじさんはこの当時
仕事で週の半分は出張
毎日忙しい日々を送っていた
毎週末、実家に御用聞きに行くだけでも
充分頑張ってくれていた


【ゆる介護のすすめ】つづく




↑イントロダクション的な私の話


↑100日目のわたし


今日でブログを連日更新して150日目

100日目のブログでは
「150日続けたら見える景色が違うのかな?」
と、ぐずぐずボヤいてたけど
 
100日坊主だった私が
150日連日更新して見えた景色は 
 
ここまで続けたら辞めにくくなる(笑)

つい最近仕事がめっちゃ忙しくて
ブログ更新に苦しんでいた時
私の中でよく登場する悪魔なエマは
私に超絶甘いから
「つらけりゃ、休んじゃえよ」
と優しく囁いてくれた

B210827A01


続けることの楽しさと
何かに追われてる感(笑)

なんとなく苦しい時に休んだら私… 
ブログを書くことが面倒くさくなって
ポイっと辞めちゃいそうで
ギリ思い止まった 

れいじさんに150日目を報告すると

B210827A210827


そう!まだ1年の半分にも満たない
改めて毎日更新のブロガーさんって
やっぱり凄いな

B210827A02


それにしても今年の夏は
引きこもって外出しなかったよ
またぶくぶくしちゃった

よし!次は200日を目指そうかなぁ
プラス目標で
心技体バランスよく整えたい

B210827A03


続けることができる「心」

絵と文章が上達する「技」

そしてコロナ禍が落ち着いて
友達と飲みに行きまくれる
健康ボディ「体」

あらたな目標ができた150日目のエマでした
 
つづく…と思う(笑)




↑【ゆる介護のすすめ⑤】つづき

スマホのカレンダーに書いた
メモを頼りに
お義父さんとお義母さんとの
出会いから介護の回想録を書いてます

ちょっと自分の中で
整理したくて年表を書いてみた

A210825A 092401

覚えておいてほしいのが
介護は行政機関のサービスなので
上手く制度を利用して
健やかな老後を過ごしている人と
何も知らずに
不自由な日常を送ってる人との
差がすごい!
知ってる人だけ利用できるシステムなのだ


サービスを受けるためには
ある程度知識を得た人が手間をかけて
介護申請手続きをしなければ
行政から自動的にサービスのお知らせが
届くことはない
動かずして誰も助けてはくれないのです


そして私が介護申請をする時に
一番苦労したのが
お義父さんとお義母さんの主治医に
意見書を書いてもらわないと
介護申請ができない
と言われたこと

病院嫌いなお義父さん
病院好きで診察券を何十枚も持つお義母さん
ふたりとも
主治医らしい主治医がいない状態

おまけに引っ越して来て私…土地勘もない
そこから始まりました

B210820B04

ひとりで頑張るしかなかった
理由なども少しづつ
書いていこうと思います


【ゆる介護のすすめ】つづく


↑このページのトップヘ