エマさんのおしゃべり絵日記

アラフィフです。人生折り返し始めたと思う今日この頃。 結婚、離婚、再婚活、再婚、介護、乳がん、ダイエット、グルメ、ペット、仕事などなど、 平凡なワタシに起こった出来事を日記&回顧話を書いてみました

婚活


【婚活】45歳でまじめに婚活しました
          
         
         




私の婚活は3ヶ月で終わった


れいじさんとは出会ってから1年間
一度もケンカすることなく
ただただ…穏やかに楽しく
お付き合いをして再婚した

B220130B02

えっ?「お見合い」たった3人目で
お相手が見つかったの?と
いろんな人に言われたけど
私だって今考えると驚く(笑)

でも婚活サイトのアンケートを見ると
「お見合い」で何人に会って
相手を見つけ結婚した?


75%の人が1〜5人の人と会って決めている
25%の人は10人以上と会って決めたそうだ

私の友達も婚活を始めて
2〜3ヶ月で平均5人に会って
半年から1年お付き合いをして
結婚している

もちろんお付き合いをして
結婚まで進まずに
別れることもあるけど…

本気で結婚したい人同士が
プロフィールで相手を知り
納得して「お見合い」をすれば…
結婚までの道のりはすごく早い

B220130A02

もし本当に結婚相手を探しているのなら
「お見合い」はおすすめです


  


私はれいじさんと出会ってすぐに
結婚前提にお付き合いを始めた

8月の中旬ごろのある日
大手スーパーの店長K男さんから
メールがきた
「寄席を見に行きませんか?」

K男さんはフェイドアウトじゃ
なかったのか!…それにしても
2ヶ月…放置しすぎじゃない?
私…K男さんのキープちゃんだった?

K男さんにメールした
「ごめんなさい。別の会員の方と
お付き合いすることになりました
K男さんも素敵な人を見つけてください」


K男さんからすぐに返信
「よかったですね
もっと早く連絡すればよかった」

そう返事が来た…

いや…早く連絡しても
きっと縁はなかったと思うけど…
だって最初に会った時にK男さん私に

「(お見合い)申し込みしてくれて
ありがとうございます
どうしても会っておきたかったんで

 
私にそう言った
「会っておきたかった」… 
私の他に気になる相手がいるんだなぁと
すぐに気づいたよ(笑)

飲みに行った時も
チラチラ別の人の影が見えていた
 「お見合い」だからそれは仕方ないけどね

B220130B03

出会いは「お見合い」でも
男女の恋愛…片思いもあるだろうし
上手くいかない事もある
そして傷つく
 
だけど傷ついて立ち止まると
傷がなかなか癒えず跡に残っちゃう

そのまま突き進めばきっと
新しい記憶で傷が癒え
いろんな人と知り合えば
ご縁がある人と出会えるはず 


  


「私は恋愛をして結婚したいから
お見合いはちょっと…」
と言う友達がいるけど 
「お見合い」で知り合ってもちゃんと
恋愛をして結婚しているのだよ

昔で言う「許嫁」や
「政略結婚」じゃないので
好きではない人とはお付き合いをしないし
結婚もしないよ(笑)

なんとなくだけど
私がれいじさんと出会ったのも…
あの時期に婚活して相手を探そうと思った
たくさんある婚活の会から「A会」を選んだ
お互い会ってみたいと思った
それだけで十分運命のような気もする

それに
婚活前に誰とも話さない日が5日間も
続く淡々とした生活をしていた私が
婚活を決意してから
止まっていた時間が動き出した

B220130A03 
 
「結婚」は、しなきゃいけないものでもなく
お相手を見つけて「別居婚」でも
「事実婚」でも形はなんだっていいけど

激変するこの時代に
「一人より二人の方が楽しい」
私はそう思う

気づけば31話(笑)
1ヶ月も語ってしまいました

この話しを書くきっかけになった
Y美ちゃん参考になったかしら?


【婚活】45歳でまじめに婚活しました
終わり


【婚活】45歳でまじめに婚活しました
          
         
        



婚活の会「A会」で会ったRさん
最初に話したことは
「希望のお相手について」

彼もバツイチ
再婚すること…それに伴う現実を
よくわかっている人だと思った

最初に両親の介護のことや
お互いの絶対条件を言い合ったので
なんか気が楽になった

だって45歳…これから病気や介護
家族や友達との別れ…
待ち構えている出来事は
悲しかったり寂しかったり…
楽しいことより辛いことが多くなる
 
中年なんだから当たり前だけど
だからこそ
一緒に乗り越えてくれる人がいれば
どんなに心強いだろう
 
B220130B01

お店に入って1時間くらい経ったころ
カフェだったお店がパブに変わる
そのタイミングで
Rさんは「もう少し話したいので
この後飲みに行きませんか?」
そう誘ってくれた

私は暑くてハイボールが飲みたかったし
楽しかったので即答で「行きまーす!」
もちろん話しもしたかった

近くの居酒屋に場所を変え話しをした

すごくびっくりしたのが
おつまみの好みが私と同じ(笑)
2人でいいねいいねと選んで注文したのが
炙りサバ、牛スジの煮込み
厚揚げはさみ焼き、フライドポテト

乾杯したあと平日や休日は
どんな過ごし方をしているのか話した

めちゃくちゃ話しが合う
どうでもいいことの話しが合うのだ(笑)

B220128C03

私は毎朝、NHK BSで朝ドラを見ながら
仕事へ行く準備をするのが日課

なんと!Rさんもそう
再放送の朝ドラと朝ドラの2本を見て
フジの「めざましテレビ」で
今日のワンコを見て家を出る(笑)
そこまで同じってある?

「あまちゃん」の話しでも盛り上がった

仕事帰りにウオーキングをしたり
ドライブが好きな話しも 

B220130A04

初めて会ったのに
前から知ってる人みたいだった

いっぱい笑って
いっぱい飲んで食べた

話していると
「あっ…この人とご縁があるといいなぁ」
そう思わせてくれる人だった

B220130A01

いつどんな風にご縁がある人と
出会うかはわからない

けど…残念ながら
ドラマみたいな偶然の出会いは
宝くじに当たるくらいないって
歳を重ねて気づく

自分で動かなきゃ何も始まらないのだ


B220128B03



【婚活】45歳でまじめに婚活しました
          
         
       



婚活の会「A会」の会員Rさんから
「お見合い」のお申込みがあった

私は仕事が終わる時間に合わせて
「お見合い」を土曜日の16時に希望した

その時間は「A会」のオフィスで
「婚活パーティ」が開催されていて
「A会」での待ち合わせができない

 Rさんと「A会」オフィスの
近くにあるアンテナショップの前で
待ち合わせした

梅雨晴れの夕方16時は…蒸し蒸し暑い
私は仕事先から歩いて
待ち合わせ場所へ10分前に到着 

B220128B05

Rさんは待ち合わせの5分前に到着

仕事で寝不足が続いて疲れていた私は
頭がぼーっとしていた

「初めまして。Rです。エマさんですね
お茶を飲みに行きますか?」

私は無表情に「はい」
めずらしく私不機嫌だった
頑張っていつものテンションに
戻したいけど戻らなかった

B220128B03

喫茶店までの道のり
何を話したかほとんど覚えていない
おそらく熱中症気味だったと思う

記憶が戻ったのは
冷え冷えの冷房が効いたお店で
冷たいアイスコーヒーを飲んでからだ

私が記憶がちょいちょい飛んでる間も
穏やかに優しく接してくれていたRさん
「なんかいい人

B220128C01


Rさんは最初に
「ボクは長男です。まだ元気ですが
この先、両親の介護があります
それを含めてこの先一緒に
仲良く暮らしていける
再婚相手を探しています」


全くもって…潔い
最初に介護の話ししちゃう?(笑)
私は驚きながらも…

「私は姉妹の次女なので
私の両親の介護は両親の近くに住む
姉をリーダーに手伝うつもりです
私はホームヘルパー4級の資格も
持っているので…介護のお手伝いは
大丈夫だと思いますが…
介護は私ひとりでは無理ですよ」


「もちろんです。ボクも一緒にやります
今も同居ではなく近所に住んで
両親をサポートしているんですよ

「それなら大丈夫かなぁ

「エマさんは再婚する条件って
何かありますか?」

B220128C02

「私は チワワを室内で飼っていて
一緒に暮らしてくれる人でないとダメです
犬嫌いだとか、綺麗好きで室内犬は
絶対無理な人も
いらっしゃるから…」

「ボクは犬を飼ってたので大丈夫ですよ」

Rさんもバツイチ
ストレートな質問
再婚すること…それに伴う現実を
よくわかっている人だと思った

㉚につづく


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 



【婚活】45歳でまじめに婚活しました
          
         
      



4月から始めた婚活
6月いっぱいで婚活の会「A会」に
休会届けを出した

同僚が手術入院するので
仕事が忙しくなると言う理由

いつもの倍の仕事量に
バタバタしていた

B220124C03

7月に入ってすぐに
「A会」から郵便が届いた

あれ?休会届け出したのに???

封筒を開けると
「お見合い」の申込みだった

「おおおおおおお!」

B220124C02

だけど…私は休会届けを出してるから
会っていいのかな?

「A会」に問い合わせの電話をした

「全然大丈夫ですよ
お見合いお受けしますか?」


「あっはい…お願いします」

「お相手は土曜日の午後にご希望ですが」

「仕事があるので16時でも大丈夫ですか?」

「お相手にお聞きして
決まったらメールでお知らせします」


「お願いします」

私は次の土曜日16時に
「A会」のオフィスで
「お見合い」をすることになった


  


それにしても真夏のデートは
私にとっては地獄
顔まわりに汗をかくので
ファンデーションにはめっちゃ気を遣う

いろいろ試して
真夏は資生堂「アネッサ」の
日焼け止めSPF50・化粧下地・ファンデの
「オールインワン ビューティパクト」
3300円と安いのに本当に崩れない

B220128A01

汗をかくタイプの人は試してみて


  


突然届いた「お見合い」の申し込み
嬉しかった
 
だって私のプロフィールを見て
会ってみたいと思ってくれる人…
いい人に違いない(笑)

きっと誰でも
コンプレックスはあると思うけど
45歳のおばさんになっても…
背が高く体格がいいことを
気にすることになるなんて!

正確に言えば婚活をするまでは
コンプレックスは薄れていた
若い子たちの身長も高くなってきたしね
よく言う「個性」だと思って
気にならなくなっていた

だけど婚活でモテないと…
いろいろ考えちゃうよね(笑)
 
B220124C06

歳を重ね、おばちゃんになると
なんだろ?いろいろ開き直るから?
生きるのがめっちゃ楽になる(笑)

それなのに思い出しちゃった
 
「A会」に休会届けを出してから
気を抜いて連日仕事してたから…

やばい!お顔に
パックをしなきゃって慌てた



【婚活】45歳でまじめに婚活しました
          
         
     



K男さんと2回目のデートから
1週間経ったころ
「元気ですか?」とメールが届いた

K男さんはメールが苦手と聞いていたので
「毎日暑いですね。仕事忙しいですか?」
と世間話しの返事をした

それから返事はなかった

最後のメールからまた
1週間くらいたったころテレビで
K男さんの勤めるスーパーの特集を見たので
「テレビで特集やってましたよ」と
メールを送ったら…2日後に
「見てくれてありがとうございます」
と返事が来た

それからまた音沙汰なしだった

B220125B04

K男さんはメールの返事を打つのが
面倒だと言っていたし
仕事忙しいって言ってた…
自然消滅パターンかなぁ…
まっいっかぁ


  


6月も終わるころ
毎日じめじめ蒸し蒸し…暑い

「この蒸し暑い中で婚活なんて…
頑張れないよ〜」と
やさぐれていた

そんなある日一緒にチームを組んで
仕事をしていた同僚が
手術入院をすることになった

B220124C01
 
同僚が休みの2ヶ月間
私がピンチヒッターをすることになった
かなり忙しくなる

私は婚活を休む
正当な「言い訳」ができたのだ

あんなに志し高く
くじけずに婚活を続けようと
思っていたのに…
私はすっかり婚活に疲れはじめていた

婚活の先輩は私が入会する時に
「婚活に疲れるとみんなね
婚活を辞める理由
自分を納得させる言い訳を
見つけてくるんだよね
それを乗り越えて、くじけず頑張れば
光が見えるんだけどね」と言っていた

それ!今の私じゃん
「光は見たい」けど「いい理由」を
みつけちゃった

一緒に婚活を始めた友達の何人かは
お相手と交際を始めていたので
私とは違う意味で
「休会」届けを出していた

私は4月から始めた婚活を
6月いっぱいで休む届けを
出すことにした

  

それにしても
ジェットコースターに乗ったような
3ヶ月間だった

B220122B001


秋からはまた頑張ろうと本気で思った

きっと誰もが婚活って
くじけちゃう時期が必ずあると思う
だってご縁だからね

上手くいく人もいれば
お付き合いして
短い期間で別れる人もいる
いろいろあるけど
休むのアリだと私は思った

私は婚活の先輩に休会を報告した

するとさすが先輩!
婚活の気苦労を知ってるから
「秋になってまた頑張ればいい」
と3ヶ月間の奮闘を労ってくれた(笑)

持つべきものは良い友達です

㉘につづく


↑このページのトップヘ