エマさんのおしゃべり絵日記

アラフィフです。人生折り返し始めたと思う今日この頃。 結婚、離婚、再婚活、再婚、介護、乳がん、ダイエット、グルメ、ペット、仕事などなど、 平凡なワタシに起こった出来事を日記&回顧話を書いてみました

ホルモン治療


↑ 過多月経・ホルモン治療の話


アラフィフの私は過多月経を
ホルモン剤でコントロールしている

その薬の飲用が終わったので
月経が来るはずなのだが…

連日、月経前のいや〜な腹痛
下痢・だるさ・眠気・偏頭痛…
もう!絶不調
ぐずぐずのオンパレードなのに
まだ月経が来ない 

F230829A01

この不快な体調が続くと気分が…
うつ気味になってしまう
パート先は同世代が多く働いている
元気な姿を見ると…

「私…気合いが足りないんじゃない?」

悪き風潮…私たち世代は
事あるごとに「気合いが足りない」
そう言われてきた…

だからかな?
私は私の気合いが足りない気がして
テンションが下がるのだ

F230829A02

ホルモンバランスと言えば…
「テーンエイジャー(思春期)」
急速な体の成長で
ホルモンバランスが崩れ
イライラしてしまうと言われている

ってことは…?

F230829A03

調べてみたら…40〜50代になると
ホルモンバランスが崩れ
女性は閉経・男性は加齢臭とか
急速な体の老化に加え
自分を取り巻く環境も大きく変化する時期

職場での立場・子離れ・親の介護
持病・時代の変化などなど…

「残りの人生をどう生きていくか?」
「このままの自分で良いのか?」
人生の不安を感じる人が増える

そんな40〜50代がイライラしたり
不安でうつ気味になったりすることを
「ミッドライフクライシス(中年の危機)」
と言うらしい
別名「第二の思春期(思秋期)」

名前があると言うことは
悩んでる人が多いんだろうね

あのユング(心理学者)は
中年の危機に早くから注目していて
アメリカの心理学者
ダニエル・レビンソンは
「特別なことではなく正常な中年の80%が
ミッドライフ・クライシスになる」と
断言しているんだって

知らなかったよー
いろいろ考えちゃうお年頃なのね

私の場合は…体が反抗期

F230829A06

アラフィフ世代のカリスマ
尾崎豊が生きていたら…57歳!
40〜50代のモヤモヤを代弁して
歌にしてくれたかな?





あれは去年の秋の出来事 
あっ…と思ったら
足元が血の海になった
過多月経が原因

F230822A01

自宅で本当に良かった
もし外出中だったら…と考えるだけで
震えるほど怖い
私はすっかりトラウマに

あれから10ヶ月…体調が良くなり
穏やかに生活していたのに
最近ちょっと不正出血があった

トラウマが蘇り 
心配になってすぐに婦人科へ

55歳なんだから
閉経してくれればいいのに
血液検査で 
「卵巣が活動中」=「まだ閉経ではない」
ことがわかる
 
さらにエコーで内診してもらって
「内膜が厚いなぁ」と言われると
残念な気持ちに…

私の通う婦人科の先生は女医さん
親身に相談にのってくれる
「過多月経」にならないように 
ホルモン治療をはじめることにした

 
D230822A01

「レルミナ錠」を
ひとまず30日間飲むことに

D230822A03

「レルミナ錠」は
女性ホルモンを低下させることで
子宮筋腫、子宮内膜症・過多月経・禍福痛
腰痛・貧血の改善が期待でる

「食前30分前」に飲むのが必須で
飲み忘れると
効果が得られないかもしれない
デリケートな薬

F230822A02

ホルモン剤治療ならではの
副作用もある
ホットフラッシュやほてり…
不快な副作用

D230822A02

だるいし…暑いし ←これは夏のせい(笑)
もう…副作用なのか?
 太ってるから? 怠け者だからか?
だるだるでぐずぐず…体調わるっ


F230822A03


「通常の生理」が来ることを祈って
頑張ってます


↑ ホルモン治療が終わった話


F230619A01

去年の今ごろ
乳がんのホルモン治療が終わった

ホルモン治療をしていた時は
3ヶ月に1回の通院と
半年に1回の定期検査

ホルモン治療が終わった後は
半年に1回の通院と
1年に1回の定期検査

再発していないか
術後10年は通院するのだ
なのであと4年再発しなければ
乳がん完治となる

それにしても
乳がんになって6年
こんなにも時代が変わる
スピードが早くなっているのに
マンモグラフィー検査は
痛いまま

F230619A02

マンモに変わる
痛くない検査マシンを開発したら
全世界の女性に感謝されるよー
誰か発明して下さーい

F230619B01

5年間続けた
ホルモン治療が終わってすぐ
その副作用のような「月経過多」で
去年の秋はめっちゃ体調不良だった…

月経過多が落ち着いてからは
信じられないほど
みるみる元気になってきた

私のタイプの乳がんは
ホルモン剤で体を「更年期」の状態にして
乳がんの再発を抑える治療だった

薬の服用をやめてから
常にダルくてしんどかった体が
しんどくないのだ!

悲しくなるくらい
この気力が出ない症状が
一生続くんじゃないか?と
ビビってたけど…

今は「しんどくない」
それだけで生活は活気が出てきて
楽しくなる

まだまだ…リアル更年期だけど
元気がいい時は楽しく過ごしたいな

来週検査結果を聞きに病院へ
行きまーす


すごくて怖いホルモン剤【更年期の過多月経】
私におきた出来事⑥  
現在この治療をしています↑

この話の始りは ↓
血の海にたたずむ【更年期の過多月経】
私におきた出来事①



過多月経の治療で飲みはじめた薬は
更年期で分泌が少なくなった
黄体ホルモンを「ノアルテン」という
薬で分泌させるホルモン剤

10日処方してもらって飲み終えた
 
今現在、私は出血が抑えられ
不調だった体調が回復している

驚いたことに…
「ノアルテン」を飲んでから
ホットフラッシュが1回もない
歯茎からの出血もない
関節痛もなくなり倦怠感は軽減した


F221026A01

乳がんの治療から
ちょいちょい体調不良が続き
あまりにも続くので
更年期障害じゃなくほかの病気?
と思うほどしんどかった
その主たる不調の症状が…

「ノアルテン」を飲んでから
気づくとおさまってる
やっぱり私…更年期障害だったんだ!

ホルモンの分泌量が加齢によって減って
バランスが崩れると
こんなに体の変化があることを
また身をもって確認してしまった


F221026A02 

ホットフラッシュがないと
夜中よく眠れる
関節痛がないと運動したくなる
この短い期間の幸せを噛みしめよう

もちろん副作用もある
私は若いころから生理前痛が酷かった
今、10年ぶりくらいの
お腹の痛みと胸の張りがある


F221026A03
 

以前、婦人科の先生に「漢方薬」や
「命の母」や「エクエル」などの
サプリは更年期に効きますか?
と聞いたことがある

どの漢方もサプリも何%かの人に効いて
何%かの人には効かない
効いたらラッキーと思って試すしかない
そう言われた

いろいろなホルモン治療で
体の変化を体感すると
サプリや漢方を試してみるのも
更年期障害で悩んでいるよりは
いいかもと思っちゃう

それにしても、幼馴染の友達は
人生で一度も生理痛がなく
更年期障害の症状は
髪の毛と肌のトラブルぐらいで閉経した
めっちゃうらやましい
うらやましすぎるぞ!


F221026A04

「ノアルテン」を飲み終わった後の
体の変化がまたあれば…この話し
つづくかもです







↑ 私におきた出来事⑤からのつづき

過多月経(月経過多)って知ってますか?
ちよっとグロいので苦手な方は
スキップして下さい

この話の始りは ↓
血の海にたたずむ【更年期の過多月経】
私におきた出来事①


大量出血からの貧血
数日患ったものの
貧血が治れば通常モード

婦人科の先生に
これからの治療の相談をしたくて
再受診した

心配だった過多月経の原因によくある
子宮体がんの検査結果は大丈夫でした

F221022A01

そうなると過多月経を
改善するための治療ができる

先生が処方してくれた薬が
「黄体ホルモン剤(ノアルテン)」

黄体ホルモン(プロゲストロン)は
子宮の内膜に直接働きかけ
内膜が厚くなるのを抑える
月経量は減り
量が減ることで月経痛は改善
子宮内膜症や子宮腺筋症の病変も
萎縮させる効果がある

なんか知ってるようで
知らない「黄体ホルモン」を
調べつつ簡単な表を作ってみた

D221022A

ちなみに
乳がんの治療の時飲んでいたホルモン剤は
「抗エストロゲン剤(タモキシフェン )」

乳がんには、がん細胞の増殖に
エストロゲン(女性ホルモン)を
餌とするタイプがあり
乳がん全体の6~7割がこのタイプ
エストロゲンで増殖するタイプの
乳がんに対しては
エストロゲンの働きを抑える
抗エストロゲン剤を使用した
治療を行なう

 
私が乳がんの治療で飲んでいた
「タモキシフェン」は
エストロゲンを抑える薬

過多月経の治療で飲みはじめた薬は
更年期で分泌が少なくなった
黄体ホルモンを補う薬「ノアルテン」
今現在、私は出血が抑えられ
不調だった体調が回復している

ホルモン剤を2種類
治療で飲んで思ったのが
ホルモン剤は飲むとすぐに効果が出る
ちゃんと困った症状が抑えられ
ちゃんと副作用が出てくる
すごいけど怖い薬

「タモキシフェン」を飲んで
すぐに出た副作用は
関節痛と歯茎から血が出た
この後もいろいろ副作用は続いた…

「ノアルテン」の副作用は
胃のムカムカ、胸のはりを
飲んだ翌日から私は感じている

そしてどのホルモン剤も共通なのが
倦怠感・不眠・体重増加の副作用
わかりやすく言えば
毎日が生理前のコンディション
になってしまうのだ

ホルモン治療って効果がすごいけど
効いたぶん副作用が怖い!

女性の体はこの微妙な
ホルモンバランスで保たれているって
身をもって感じさせられる
少しでもバランスが崩れたら
不調が続いてしまうのよ


F221022A02

ホルモン治療は怖いけど
信頼できる婦人科の先生に出会えれば
コントロールができるってことも
知っておくといいかも

不調や心配事は解決できると思う
今まで我慢してた自分が
可哀想と思うくらい症状が楽になるよ

婦人科系の悩みや不調は
病院へ行くことをお勧めしまーす

治療はまだつづくけど
【更年期の過多月経】私におきた出来事は
ひとまず、おわりです

これも更年期障害のひとつ
誰かの参考になればと書いてみました

長々と読んでくれてありがとです





にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

日記・雑談(50歳代)ランキング  
  

↑このページのトップヘ